面接で緊張してしまう人へ、面接官をブタと思うことのススメ。

人と話すときや、転職の面接で緊張してしまって、
コミュニケーションを億劫に感じていませんか?

そのようなナイーブな気持ちでは、面接に通るものも通らなくなるし、
言いたいことも思ったことも何も言えずに、
相手から嫌われ、落ちてしまいます。

そんなあなたのために、今日はとっておきの緊張しない4つの方法を教えたい。

会話の中で、偽りの話や偽りのキャラを被り始めると、
それがバレないようにバレないようにという方に意識が向く。

話していてそんなつまらない会話はない。

そこには、実存がない。

誰が誰のことについて話しているのだろう?
虚しくなる。

入念に塗り固めた嘘なら良いかもしれない。
けれど、それも疲れるはずだ。体が痒くなる。
嘘がバレないかバレるか?
それを意識するだけで、
会話をするという意識から、嘘をバラさないというつまらない方向へ意識が傾き始め、
ドキドキがとまらなくなるのだ。

自分で緊張を作っていることに気がつかなくてはいけない。

だから、無理して何かを演じようといなくて良い。
肩の力を抜いてリラックス。
コミュニケーションとは、そんなものだ。

私が面接を通じて考えたことは、
パーフェクトの答えよりも、人間味を面接官は買うということだ。

面接官はとにかく、用意されたようなありきたりな答えにうんざりしている。
その表情はまるで海外のつまらないB級映画を付き合いで見させられているような顔だ。

それよりも、
あなた自身の人間性を知りたいと彼らは考えている。

大体パーフェクトな解答とはどのようなものなのでしょう?

一つ思い浮かぶのは、
下調べをしなくては言えないような”言葉と数字”が口から出ているということかもしれない。

しかし、それが本当にパーフェクトかといえば、違うだろう。

統計で100パーセントという数字は出ないように、
パーフェクトというものはこの世に存在しないのだ。

パーフェクトでありたいという思いは大切だ。
しかし、その思いは準備、用意段階において持つべきものであり、
実践の面接で持つべき思いではない。

戦争は作戦が全てだが、実際の戦場では全てを忘れろ、という言葉がある。

会話は相手次第。

自分でコントロールをある程度できても、
それを完璧にやることは不可能だし、それで押し通すのは不自然だ。

面接は試験という意識ではなく、会話という意識が大切だ。

完璧を目指すよりも、
その場の会話を楽しむ思いで、面接に挑む必要がある。

仕事といえど、その仕事の中身はコミュニケーションがメインだったりする。

コミュニケーションを楽しめる人間は、一緒に働きたいと自然に思われるはずだ。

私は最近自分の身体を見て思うのですが、

痩せようが太っていようが、自分ってただの肉の塊と感じることがある。

すると、考える葦ではないが、
考えるブタと自分のことを思うようなことがあるのです。

なんてやつだと思われるかもしれませんが、
冷静に自分の身体をまじまじと見るとそう思えてくるのです。

だから人のこともそう見ようと思えば見ることができる。
すると、人に怒られようが、怒鳴られようが、カッコつけていようが、
ぶたが「ブーブー」鳴いてると思えてしまうのだ。

私がこのトピックで伝えたかったのは、
あなたが今話してやりとりしている人だって、
あなたと何も変わらない、ただ脳みそがあって、肉体の塊ということだ。
ぶたがスーツを着て、ネクタイをしてオシャレをしている。
眉間にしわを寄せている。

なんだか面白おかしくなってきませんか?

そのくらいの気持ちでいいのです。
相手が取締役だろうが、家では頬杖ついてポテトチップス食べて、
娘には怒鳴られている普通の人なんです。

礼儀さえ踏まえれば、
臆病になる必要はないし、謙遜しすぎることもない。

立っているフィールドは一緒なんだということを、
意識してほしいのです。

あなたも自分の肉体をまじまじと見る。
すると、相手のこともただの肉体と思えるようになる。
相手も自分もぶたと思えるなら、そんなに気負わず話せるのではないだろうか?

緊張をしない方法として、自分に自信があるときの格好をするという方法がある。

自分の発言に自信があるとき、
人は胸を張り、背筋を伸ばし、大きな声で、上から物を言うような形をとる。
マウントポジションを取りたいのだ。

認められるときが少ない世の中だからこそ、
正しいと信じられるときくらい、威張りたいのである。

面接でも是非そのような堂々とした姿勢で、取り組んでほしい。

自分と面接官を自分の姿勢と発声でごまかすのだ。
試しにやってみるとわかるが、自分に自信を感じるために緊張が収まる。

猫背なだけで、面接官はマウントポジションをとってきて、
質問がどんどんきつくなるというのは、嘘じゃない。

また、背筋が伸びている状態だと、
身体の中にすーーっと、空気が入っていく。

深い落ち着いた呼吸をしながらの面接の方が、
リラックスした気持ちで面接の時間をやり過ごせるはずだ。

面接で緊張しない方法を並べてみましたが、いかがだったでしょうか?

覚えていて欲しいことは、
緊張はみんながするということです。

あなただけの悩みじゃない。
緊張するのは問題ではなく、前提として楽な気持ちで捉えて欲しい。

緊張したら、「大丈夫。」と、
自分に声をかけるよりも、緊張していることを自分の身体で認識してみよう。

心臓がなっている。胸がドキドキする。
そのような体の変化に耳を傾けると、緊張が収まる。
それを面接の扉を開ける前に行う。

緊張するな、するなと言い聞かせていると、人は余計に緊張するのです。

緊張は、前提。

そのような心構えで、転職の面接に挑んで欲しい。

たった5分で主役になれるTry:Design.の無料メルマガ「nanika.」

今の会社で自己実現できるだろうか?転職しても同じ失敗をしないか?
新しい人間関係でやっていけるだろうか?
我慢をしてこのまま働き続けたくない。

など、仕事や転職における悩みをお持ちではないですか?
たったの5分であなたが転職先やこれからの人生において、
主役になれる情報を、Try:Design.はメールマガジン(無料)で配信しています。

◯あなたの転職に役に立つ転職ノウハウ
◯転職先での人付き合いが気楽になるコンテンツ
◯心が動く、魅力的な新規求人
など、転職と人間関係に有用な情報と自己分析に活かせる情報をお届け致します。
転職は、あなたにとって大切な”何か”のために。


購読してみる。(無料)