「ミニオンズ」から学ぶ、心に素直でいることの大切さ。

今日は、今大流行のミニオンズから学べる、

”自分に素直でいる”ということをあなたに伝えたい。

ミニオンズの人生の目的は、ボスに仕えること!

私は昨日テレビではじめて「ミニオンズ」を見ました。

「怪盗グルーのミニオンズ危機一髪」は見たことがありました。

話がとても面白いし、ユーモアもあり、何よりミニオンズが可愛い。

今回テレビでやっていたので2時間まるまる見てみました。

今まではなぜグルーとミニオンズが一緒にいるのかが、

よく分からなかったけど、

一作目でちゃんとミニオンズの背景が描かれていた。

 

知らない人のために載せておくと、

ミニオンズとはこんな黄色くて小さな生き物だ!

また、ミニオンズの大好物はバナナです!

アイキャッチ画像は、そのためにバナナにしました^^

ストーリーは、簡単にいうと、

新しいボス探しの旅です。

詳しいストーリーはアマゾンから引用した。

[ストーリー]

【ストーリー】
地球史上“最強最悪”のボスを探す旅が今、始まる!!

黄色い謎の生物ミニオンは、人類が誕生する遥か昔から存在した!? 彼らの生きがいは、その時代の最強で最悪なボスの仲間になること。
しかし、そのボスたちの命はなぜか長続きしない。いつしかそんなボスはいなくなり、ミニオンたちは生きる目的を失いつつあった。
ミニオンたちの滅亡の危機が迫る1968年(怪盗グルーに出会うまであと42年! )、3人のミニオン ―ケビン、スチュアート、ボブが仲間たちを救うべく立ち上がった。

amazon.co.jp

 

彼らは、その時代の最強のボスに従うことに幸福を感じ、生きがいを感じる。

とても興味深い生き物です。

最高にクールな目標ですよね。

なんだその生きがいは!って感じです。

ストーリーの中で彼らは、

ボスを見つけては、逃げられ、死んでしまうというその繰り返し。

結局、一度はボスを探すのを中断して、

自分たちにとって快適な街を冬の洞窟の中に作り安住することを決意します。

 

誰がどう見ても豪華なきらびやかで街です。

立派な建物に、それぞれの趣味を謳歌している。

しかし、しばらくすると、彼らは生気を吸い取られたように、

毎日を惰性的に生きるようになるのです。

彼らは、ボスに仕えるということをしなくては、

ダメになってしまうのです。

可愛いですよね。笑

言いにくい趣味や夢でも表現しよう。

ミニオンズは、一度はボス探しをやめますが、

結局どんなに快適な暮らしをしようと、

夢というより、もはや目的に等しい「ボスに仕える」ということをしなくては、

彼らは生きている充実感を味わうことができないのです。

 

ミニオンズと同じことが私たちにも言えるのではないでしょうか?

私たちは、日頃から言い訳ばかりをしています。

社会人だから、才能がないから、コネがないから。

夢として持っているだけなんだ!

社会人になると、そういったことをよく耳にします。

私は、それで我慢ができる人であれば良いと思うのです。

やりたいことをやれる人というのは実に一握りですしね。

また生活というのは不思議で、

慣れてしまうと、その生活も良いものだと思えるものです!

住めば都という感覚と一緒です。

私も地方にはじめて一人で暮らしたときは、

どうなるかと毎日が不安でしたが、

結局、「私の故郷の一つ」などと友人に言って自慢していますから。笑

 

けれど、やりたいことができなくて病気になる人が、

世の中にはたくさんいるのです。

鬱やノイローゼになる人だっている。

だから私は、やりたいことはやってみるべきだと思っています。

やりたいことがあるならやればいいじゃないですか。

挑戦して、表現して、

やりたいことじゃなかったらやめる。

手を出さずに憧れているだけだと、時間がどんどん過ぎていき、

実はやってみたら好きじゃなかったって思えることも、

やらなかったせいで、好きじゃないものに運命を感じて、

一生自分のことを後悔する羽目になります。

 

そのうち、体調を崩すなんて最悪です。

まず、やりたいことがあるなら、試験的に挑戦してみるといいと思います。

そして他人には自分のやりたいことを伝えることです。

表せば、何かが現れます。

表さなきゃ、何も結果は出てきません。

だから、やりたいことを実現したい人は、表現しなきゃダメなんです。

 

ミニオンズのみんなが生きがいを失ったときも、

ケビンが「新しいボスがやはり必要だ!」と声をあげるのです。

そして、その表現にみんなが賛同してくれて、

結果的に彼らは新しいボスを手に入れることに成功します。

 

自分の心に正直になって、表現をしなくては、

幸せにはなれないのだと思うのです。

それが、どんなに恥ずかしいことであっても、

それが人には言えない常識から離れたようなものであっても、

あなたのその正直で素直な心を表しましょう。

やりたいことは、まず口にして誰かに話すことからです!

面倒臭がるようなら、それはやりたくないこと。

やりたいならやりましょう。

やりたくてもやらないなら、そこまでやりたくないんだと思います。

本当にやりたいことがある人は、言わなくてもやってますし、

やらないとミニオンズみたいに顔色悪くなって生気を失うはずです。

 

ミニオンズは結局、海を横断してアメリカに行って、

命からがらボスを探しています。

時間も金も命も、持てる全てのものを投資しても、

彼らにはボスが必要なんです。

 

彼らのように、

やりたいことが、やるべきことになっている状態は強いです。

思いがあればあるほど、

人は面倒臭いことでも乗り切れます。

 

過程に面倒臭がって、挫折しているのでは、

それは本当にやりたいことじゃないのかもしれません。

それは、現在置かれている自分の状況からの、

ただの現実逃避でしょう。

人に言うのが恥ずかしいことが、やりたいこと。

ミニオンズは、イギリスのエリザベス女王から賛辞をもらうという、

大変な名誉を授かります。

しかし、そんな最高の名誉を手にしても、

彼らの喉はまた乾くのです。

ケビンはまた満たされない、足りない思いで複雑な気持ちになります。

 

ミニオンズから分かるように、

目的や夢というのは、十人十色です。

常識などと行った言い訳のミノを被るのはやめましょう。

あなたが辛いだけです。

 

自分の正直な気持ちに気付いているのなら、

突き進みましょう。

自分を騙してはいけないし、

時間を無駄にすごしちゃいけない。

自分にとって必要のないものを集めても、

結局腹は減るし、喉は乾くのです。

後悔するから、やって後悔したほうがいい。

やらないで後悔するよりよっぽどマシです。

恥ずかしければ恥ずかしいほど価値があります。

転職だろうと、オーディションだろうと、留学だろうと!

人に伝えるのが恥ずかしければ恥ずかしいほど、

それはあなたの正直な気持ちだと私は考えています。